スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資産となるコインとは】

今回こちらで記述する内容は「平木啓一の貨幣セミナー」にも掲載してもらったのですが、
こちらのブログでも発信したいと思います。
少し長くなりますが、最後まで読んでいただきたいと思います。

【資産となるコインとは】

アンティークコインはその殆どが資産たりうる。
40年前に地銀価値しかなかった、仏領インドシナのピアストル銀貨も、
いまでは未使用なら並年号でも300ドルしている。
やはり長い年月のあいだには、化けることがあるのだ。
けれども最も確実だと思われるゴールド――金地金タイプの金貨でも、
とんでもない事態を生じるから油断できない。
金地金価格で考えると1981年1月には4,231,700円だったものが、
2014年8月に4,280,000円といった具合でほとんど変化がなかったのである。
33年の歳月を考えると、貨幣価値の下落分だけ損したことになる。
その時点での地金型金貨は、アメリカの20ドル金貨が159,160円、
メキシコの50ペソ金貨が175,674円だからこれまた33年を考えると損をしてしまっている。
こうした例を見ても、金貨なら間違いないのではという、漠然とした考えではダメだと言えるだろう。
やはり歴史的背景を有するアンティーク・コインという条件が不可欠なのだ。
それでは同じコインでも、どういった観点から選ぶべきであろうか。
第1には、通常シリーズなら年号である。フランスのナポレオン3世の100フラン金貨の場合、
なんていっても1870年銘のものが凄い。
発行数が1万枚とシリーズで決して少なくないがこの年にナポレオン3世が失脚したこともあり、
何しろ市場で見かけない。

私も過去52年間に3枚しか目にしていないから、こういった逸品は手にしておいて間違いないと思う。

.Napoleon III gold 100 Francs 1870-A AU53 NGC ナポレオン3世1870年AU53 ドル12337500

フランス100フラン金貨 ナポレオン3世 1870年 AU53
2014年現在市場取引価格 推定1270万円~

額面が大きく、製造数が僅少な金貨――イギリスの5ギニー金貨とか、神聖ローマ帝国の版図での10ドュカット金貨は、1枚だけ持っていても貴重な資産と言える。
200年あるいは300年以上の歴史を有しているから、価値が大きく下落する危険性

HUNGARY10 DucatND (1645-90) Kremnitz Mint 2 HUNGARY10 DucatND (1645-90) Kremnitz Mint 2



ハンガリー 10ドュカット金貨 ND(1645-90)
直径46ミリ 量目35グラム

イギリスには1800年代に入ると、5ポンド金貨が新たに登場するが、ここにも<ウナ&ライオン>のような人気コインが存在している。

400枚も存在しながら、未使用完全品なら今や1000万円コインである。
5ギニー金貨は41.75g、5ポンド金貨は39.94g、10ドュカット金貨は35gと、どれもが大型金貨で見事な出来を示す。
けれど大きいばかりが珍品の条件ではない。
独領ニューギニアの10マルク金貨は、3.982g、20マルク金貨は7.965gという小型金貨でしかない。
しかしながら未使用完全品だと、どちらも500万円近いのだ。
これらは極美品でも200万円からするだろう。
こうした金貨ばかりではなく、大型銀貨もまたそれなりの高評価を受ける。
そこで気を付けなければならないのは、どのコインはどれくらいのグレードで妥協すべきか、それを知っている必要がある。
つまりハイグレードばかり追い求めていると、本当の逸品を見逃してしまうという失敗を犯す。

つまり極美品のアヴェレージで求めていても、美品でいったん押さえておき、
極美品以上が出たとき買い換えるやり方である。
世界最初の完全年号入りの大型銀貨――ティロルの1486年のグルデングロッシェン銀貨は、美品を追っているとまず入手できないだろう。
このコインのおよそのグレードは普通品FINEだから、そこでまず求めるべきなのだ。
美品以上を狙っていたら、いつ入手できるか保証の限りでない。
1700年以前――とりわけ1600年以前のヨーロッパ・コインには素晴らしい大型銀貨が多く見られた。
神聖ローマ帝国とその版図のものがとりわけ優れており、美術工芸品としてみても美しい。これらは資産価値大であるのは言うまでもない。
スペイン領新大陸――ボリビア、チリ、コロンビア、グアテマラ、メキシコ、ペルーなどでは、

1600年代から粗雑な出来のコボ銀貨を世に出したが、この辺りは資産価値の面ではっきり劣る。やはり美的価値を忘れてはならないのである。
私は1500年代のヨーロッパの大型銀貨――その美品以上のものを見つけたら、必ず買っておくべしと助言してきた。
これをずっと続けているが、絶対に間違っていない。400年、500年と経過したコインは、確実に稀少化しているためだ。
多くの人が資産価値を金貨に見出すが、より高度の投資術を伝授したい。
それは誰もが、価値を判断できる金貨でなく、銀貨や銅貨(青銅貨)に見出す、というやり方である。
これならプロのディーラーが見れば価値が判るが、大多数のコインに興味のない人は価値を認識できず、

見過ごしてしまう確率が高い。つまりセーフティーの意味で、この資産保全方法は注目されて良い。
あと薦めたいコインは、歴史的なテーマを有するものだろう。
古代からの英雄や歴史的な物の肖像を描いたタイプは、欧米でも人気が高い。

ハンニバル、カエサル、クレオパトラ7世、マルクス・アントニウス、ネロ、マクシミリアン1世、カール5世、アレッサンドロ・ファルネーゼ、フォン=ヴァレンシュタイン、グスターヴ2世・アドルフ・・・・・・。
そうした人物の肖像コインは、知名度の低い人物や他のデザインのものより、遥かに人気が出る可能性が高い。
ヴィクトリア、エリザベス1世、といった女王たちの肖像を追ってみるのも面白い。ここでは金貨や大型銀貨だけを考えてみよう。
後者の大型銀貨――クラウンやハーフクラウン銀貨が狙い目だろう。
あとは超大型銀貨が面白い。神聖ローマ帝国版図における2ターレル以上の高額面銀貨は、ありふれたタイプでも極美品(EF40)以上なら買っておきたい。
もちろん稀少品なら美品(VF20)でもOKである。何しろ超大型銀貨は稀少だ。
また、実物を手にしたときのずっしりとした重みと、美しさに感動するだろう。
マイナーコインをバカにする人が少なくないが、これは実に奥が深いものがある。
流通市場で頻繁に使用されたから、貴金属貨幣に較べグレードの良好なものが残らなかった。

その上にさほど注目されていないので、誰も手元に残さなかったのだ。
マイナーコインの場合は、グレードが最高でないと意味を持たない。
グレードの低いものならいくらでも存在するからである。
ギリシアの20レプタ銅貨やイオニア諸島の2オボリ銅貨などは、普通品は全く問題にならない。
前者は227万枚、後者は414万枚、という発行数だったからだ。
僅少な発行数で稀少化したコインは、かなりのバラエティが見られる。
それには戦争が一役買うことが多い。
1941年に香港で発行された1セント青銅貨と5セントニッケル貨などは、日本軍に押収熔解されたことにより、現存数が20~30枚となった。
これはマラヤの10セント銀貨、サラワクの1セント青銅貨もまた、こうした例であった。
これら以上の逸品と言われているのが、英領西アフリカの1945年の1ペニー白銅貨であろう。
ジョージ6世の治世下に置いて、エドワード8世の名で製造を開始、8枚から12枚のところで気が付き停止させた、という裏話が伝えられる。


英領 西アフリカ ペニー 1945

英領日アフリカ ペニー 1945年 ジョージ6世(刻まれた名はエドワード8世)

マイナーコインには、2/3ターレル銀貨とか、1/2クラウン銀貨、はたまた1/2ドル銀貨や50セント銀貨なども含まれる。
あるいはそれ以下の額面のものだ。
1900年以前のものに注目すべきだが、その理由はやはり流通市場で殆どが摩耗してしまったことによる。
勿論これらはオークション・アイテムに入る。
私は以前、サラワクについてリサーチしたことがあった。

このとき50セント銀貨のハイグレードのものを探したが、なかなか見つからなかった記憶がある。
このようにありふれたコインでも、マイナ―コインのハイグレードのものは稀少だった。
これまで半世紀以上の経験からして、いざ珍しいコインを探そうとした場合、金貨や大型銀貨は出てくるが、

マイナーコインは簡単には出てこない。
それほど難しい対象である。
スポンサーサイト

安南の内帑金 NO.2

現在では殆ど用いられない「内帑金」だが、漢字を使用していた地域では、かなり一般的に目にできたのであった。
ヴェトナム方面では1800年頃まで漢文が広く使用されており、実際には1900年頃まで宮廷でこうした金塊の刻印などにも
見られた。
歴代の安南皇帝の中で、明命(ミンマン)、紹治(チュウシ)、(トゥドゥ)、同慶(ドンカン)、成泰(タンタイ)の
治世下で存在する。
最後の成泰帝は1907年まで在位したのであった。
一銭(テイエン)は3.8g程度、10銭が1両(ラン)は約38グラム、10両が約380gとなっている。
最大のものは紹治年間に製造された100両――3800gほどで、金品位は1000分の700だった。
100両内帑金は、縦146ミリ、横78ミリという大きなもので、分厚く重い金塊である。
これが貨幣と見倣されているのは、裏面に<統治元賓>と刻まれた点で
額面も表面に<壹百両>といった具合に見出せる。

コインエキスパート オンライショップに私のお勧めコインがあります。
是非ご覧ください。
http://coinexpert.jp/

安南の内帑金

久々の投稿になります。
内帑金についてお話したいと思います。
とゆうのも、内帑金を知らない世代が増えてきているため、
皆様に伝えておきたいと思ってのことです。

安南(今日のヴェトナム中央部)王朝には、1800年代中期に多くのバラエティの金の延板が存在する。
一両(38グラム程)から100両という重量タイプまで、多くのサイズが存在した。
これらは大きく2つに分かれており、<官金>という文字が刻まれているのは、政府の公金を意味している。
一方の<内帑金>は、王室の資金である。

この言葉を私が初めて目にしたのは、シベリアの厳冬期短騎横断で知られる、福島安正中佐について書いた時だ。
旅の途中で資金が2000円不足したのに対し、明治天皇が内帑金から不足分を下賜された、という資料を目にしたのだった。

コインエキスパート オンライショップに私のお勧めコインがあります。
是非ご覧ください。
http://coinexpert.jp/
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。