スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月31日

 多くの人は、「自分だけには何も起こらない」と考えている。
けれど私は危険地帯に身を置いているときだけでなく、いつどこにいても常に、「自分だけには何かが起こる」
ということを頭の片隅に置いてきた。臆病だと思う人もいるだろうが、逆に弾雨飛び交うなかで身を起こすぐらい平気でやってのけた。もちろん状況を判断しての上だがーー。



21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)

新品価格
¥650から
(2013/10/30 11:21時点)




ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2013年10月30日

 大きな災害が発生しても、人間は他人事としか考えない。しかしながら巡り合わせが悪ければ
いつ自分の身に降りかかってくるかわからないのだ。
私は、現在首都圏に居住している。
東京23区を考えてみると、直下型を含む大地震に襲われた場合、その面積の4分の1が浸水すると言われる。
東京だけではない。太平陽岸の三連動大地震、大阪直下型大地震などの危険が云々されてきた。


災害大国・迫る危機 日本列島ハザードマップ

新品価格
¥1,680から
(2013/10/30 11:17時点)






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

10月29日 伊豆大島

 伊豆大島で忘れてはならないのが、地層の形成された歴史である。三原山の爆発のたびに、溶岩や火山灰が積み重ねられ、直ぐに樹木が生えて腐葉土が覆う、という繰り返しであった。
つまり大量の降雨があった場合、どれかの層に影響が及んだら最後、土砂崩れのような惨事を生じる。
桁外れの降雨量という悪条件が重なり、あの悲劇を招いたと言える。



是非参考にしてください。

大災害からの生存術 あらゆる状況から身を守る完全マニュアル (PHP文庫)

新品価格
¥650から
(2013/10/25 10:38時点)



ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

10月28日 台風被害

 伊豆大島からの大規模な地滑りのニュースに、私はさほど驚かなかった。
これまで2度ほど訪れたが、地形から考えてあの地域には泊まらず、三原山の斜面と離れた場所を選んだのである。
寛大な被害を出した神達(かんだち)地区は、比較的傾斜が急であそこに住宅(ホテルも)が密集していたのは考えられない。
三原山からもさほど遠くなく、溶岩が流れ出た場合もひとたまりもないのだ。





楽しみながら資産を殖やす コイン・コレクションのはじめかた

新品価格
¥1,260から
(2013/10/25 10:30時点)





ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月27日

 49年前のこの日、私はペンタックスを片手に国立競技場で、東京オリンピックの入場式を観ていた。
いや写真撮影に忙殺されていた。
この頃のタクマの500ミリ望遠レンズは全長40センチぐらいであり、三脚なしで手持ちで以て使いこなせたのは私だけであった。
夜間照明の下での陸上競技は200ミリを使用したものだった。









ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月26日

そのオークションには他にも、トランシルヴァニア3種の10ドゥカット金貨がある。
この土地はルーマニアのハンガリー寄りで、ラテン語の意味だと「森の手前」となる。
けれど1683年にオスマントルコの勢力が一掃されると、神聖ローマ帝国の版図が拡大し、
この方面の支配者となった。
ジーベンビュルゲン――「7つの城」がドイツ語名で改められ、この時代にも数多くの優れた大型金貨が製造された。億万長者でないと取り組めないコレクションの対象と言えるだろう。


新・世界貨幣大事典

新品価格
¥10,500から
(2013/10/24 13:48時点)






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月25日 

 同じオークション・カタログで、もう1点唸ったのがスペインの1871年の100ペセタ金貨であろう。
スペインの王位は68年から空位で、それを巡って勃発したのが70年の普仏戦争だった。
プロイセンの戦勝後、王位はイタリアのザヴォイア家出身のアマデオ1世が継承した。
イエロー・ゴールドが25枚、レッド・ゴールドが50枚だけ、という極めて僅少な製造数で知られる。












ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

10/24のツイートまとめ

numisumatiku

平木啓一の貨幣セミナー http://t.co/2MF4wulr1M
10-24 14:27

2013年10月24日

やはり遅く到着したロンドンのオークション・カタログに目を通す。
そこには2点の素晴らしい逸品を見出せた。
まだまだイギリスも捨てたものではない。
イタリアの1902年の20リレ金貨は、181枚という僅少な製造数で、
100リレ金貨より入手が困難だと考えられる。
こんな稀少性の高いコインが、ときおり出てくるのだ。
03年と04年タイプはもっと多い。




Standard Catalog of World Coins 1801-1900 (Standard Catalog of World Coins 19th Century Edition 1801-1900)

新品価格
¥6,790から
(2013/10/17 11:34時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月23日 

 アメリカのあるオークションに、ビアフラで1969年に発行された25ポンド金貨が出品されていた。このビアフラはナイジェリアから分離独立を企て、丁度当時は中央政府と内戦の真直中だった。紙幣も発行していたが、そちらはほぼ紙屑に近い。けれどコインの方は金貨だったことで、あれから40年以上得た今日も、金の地金価値を有している。
 量目80gで金品位が1000分の917だから、それだけ考えても価値十分と言えよう。
そこへきて歴史的価値が加わるから、フレデリック・フォーサイスの<ビアフラ物語>を思い出しながら、改めてじっくりとこのコインを眺めた。
1990年代に彼と雑誌で対談したが、勿論彼は限定製造した金貨のことなど知る由もなかったのだ。
 私は1980年代のこと、ビアフラのイヴォ族と奇妙な縁が生じた。この話はまた機会を改めてしたい。



※フレデリック・フォーサイス

フレデリック・フォーサイスは、イギリス、ケント州アシュフォード出身の作家。スパイ小説や軍を舞台にした作品が多く、世界各国で読まれている。 ウィキペディア






ビアフラ物語―飢えと血と死の淵から (角川選書 123)

中古価格
¥1,060から
(2013/10/17 11:26時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月22日

 大インフレーションの元祖――1923年のドイツは、
1924年2月の日付で20兆、50兆、そして100兆マルク紙幣を、
アルブレヒト・デューラーの絵画から人物像を描いている。
やはり時期が時期だけに印刷が悪いのは残念だが、構図などはさすがにデューラーである。
これら3種はインフレーション紙幣として抜群に珍しく高い評価を受けてきた。






ハイパーインフレの悪夢

新品価格
¥2,100から
(2013/10/17 11:09時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月21日

 インフレーション下の紙幣と言うと、たいていは粗雑な出来のものばかりである。
数少ない例外がルーマニアだろう。
 1947年のピークとするこの国のインフレーションは、最高額面が500万レイ紙幣を最後に終止符が打たれた。
その500万レイ紙幣はなかなかカラフルであり、中央に描かれた双子に授乳する牝狼が目立つ。
ルーマニアがローマ帝国の末裔の国だと物語っているのだ。







Standard Catalog of World Paper Money General Issues - 1368-1960 (Standard Catlog of World Paper Money Vol 2: General Issues)

新品価格
¥6,400から
(2013/10/17 11:03時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月20日

 ドイツの大インフレーション下での最高額面が100兆マルク紙幣であった。
この数字は奇しくも2008年のジンバブエの経済崩壊に際し発行された最高額面の紙幣100兆ジンバブエ・ドル
と数字だけは並んでいる。連合国の過酷な賠償請求から生じたドイツのインフレーションと、
ムガベ政権の拙劣な経済政策が生んだジンバブエのそれ。
後者の権力者は選挙の不正でまだ存続している。







Standard Catalog of World Paper Money: General Issues 1368-1960 (Standard Catlog of World Paper Money Vol 2: General Issues)

新品価格
¥4,364から
(2013/10/17 10:52時点)










ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月19日

最近、歴史的な1枚の紙幣を入手した。それは1923年11月1日発行の1レンテンマルク(RENTENMARK)紙幣である。これこそドイツの未曾有の大インフレーションを食い止めた、レンテン銀行の発行した金本位制に基くものだった。1レンテンマルクは1兆マルクと交換され、さしものインフレーションは終息したのだ。


Standard Catalog of World Paper Money, Specialized Issues (Standard Catalog of World Paper Money Vol 1: Specialized Issues)

新品価格
¥9,316から
(2013/10/17 10:45時点)






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月18日

ヴェトナムは現在、インフレーション状態にある、と考えてよい。2005年に訪れた時10万ドン紙幣が最高額面だったが、その後には50万ドン紙幣が発行されている。
私は10万という桁になったらインフレと見倣してきた。その意味からすると50万ドン紙幣の存在は、通貨制度が平常なレヴェルにあるとは、決して言えないのだ。


歴博フォーラム お金の不思議―貨幣の歴史学

中古価格
¥4,994から
(2013/10/17 10:38時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

10/17のツイートまとめ

numisumatiku

2013年10月17日 http://t.co/1IGpqp1fp2
10-17 16:22

金貨の品位と色調 - Coin Expert http://t.co/YKOSCnq5Pd
10-17 16:20

2013年10月17日

ヴォー・グエン・サップは、法科を学んでから抗仏戦に従事、一部で「赤いナポレオン」と言われた。けれど私を彼を名将と考えていない。それは多くの戦死者を出しているからである。ディエン・ビエン・フー戦では8800の戦死者を出しているからだ。一方のフランス軍は2700--ほぼ3分の1だった。つまり人海作戦によって、得た勝利にほかならなかった。


古銭と紙幣―収集と鑑賞 無文銀銭から現行貨幣まで

新品価格
¥5,250から
(2013/10/17 10:24時点)







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月16日

ヴェトナム人の中国や中国人嫌いは徹底している。ハノイ日航ホテルのレストランに勤務するレさんは、「あなたの姓は漢字でこうだ」と教えたところ、はっきり嫌な顔をした。「わたし、中国人なんですか?」と問い返してきたので、便宜上そうしただけと応じたら安堵の表情を見せた。これがほとんどだと言ってよい。





ブログランキング

ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月15日

 ジュール・ロワの〈LA BATAIL DE DIENBIEN PHU〉を改めて読み始めていたことは先に記したとおりだ。それから暫くしてヴェトミン軍の総司令官――ヴォ―・グエン・ザップ将軍の死を伝えてきた。この「ヴォ―」という姓は「武」と書いた。中国のあの女帝――武則天ということになる。ベトナムの地でも1800年代後期まで、まだ漢字の姓が存在していたのである。






ブログランキング

ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月10日 

 私がインドシナにいた1973年頃、バンコクもときおり足を伸ばした。
ラオス語がほとんどそのまま通じるのでありがたかった。
あるとき1枚の小切手――タイ農民銀行のものを受け取り驚く。
9人の女性が思い思いのカラフルなファッションで、金額などを記入する部分に描かれているのだ。
その発想に思わず声を発してしまったのである。











ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月9日「フランス軍の優れた指揮官」

 LA BATAILLE DE DIEN BIEN PHU の写真の中に、
この地のフランス軍の優れた指揮官が一堂に会したものがある
その部屋を私は51年後に訪れた。
そこにいる6人のうち2人と、私はアルジェリアで面識があった。
ビジャール中佐(のち大将)とセガン=パジー中佐(当時司令官の副官)だ。
前者は応召兵から大将だった。後者は外人部隊副官のときシディベルアベスの司令部で会った。
彼ら6人ともすべて今は亡い。





【ミリタリー選書30】フランス外人部隊のすべて (部隊こそわが祖国 創設から現代までの軌跡)

新品価格
¥2,400から
(2013/10/2 16:47時点)




最強の戦闘指揮官30 (PHP文庫)

新品価格
¥760から
(2013/10/2 16:49時点)






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月8日「40年前の懐かしい思い出」

 1972年前後のサイゴンは、露天商がたくさん出店していた。
そこでインドシナ銀行の紙幣、それにピアストル銀貨をずいぶん買った。
これはラオスでも同様で、現地通貨で支払いを受けた給料を、1枚24.3gの銀にしていたのである。
これは山岳地帯に出撃した時のメオ族の集落でもやっていた。
懐かしい思い出だ。
あれからもう40年が経過した。






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

10/07のツイートまとめ

numisumatiku

「50歳アンティーク貨幣投資で楽しみながら安全資産を築く!」 http://t.co/LvbyQM4BaP
10-07 16:52

2013年10月7日「ヴェトナムでの思い出」

 ディエンビエンフーのホテル――そのレストランで、ウェイトレスと会話した。
相手の英語もフランス語も下手なので困った。
このとき窓ガラスに20匹ぐらいヤモリがいて、「タクスン」というヴェトナム語を思い出す。
それをきっかけに33年間使っていなかったヴェトナム語が記憶の1ページ目に甦り、ハノイで家族と合流した時は
かなり喋っていたから皆が驚いたこと。



喜ばれるお歳暮を……






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ


2013年10月6日 「ディエンビエンフーの戦闘」

 ディエンビエンフーの戦闘は、1954年3月13日から始まり5月7日に終わった。
フランス軍はハノイから300キロメートル離れた奥地――「辺境の行政中心地」
という名の地域を決戦場に選び、補給困難と空からの支援不足に陥った。
学業の成績だけで進んだ参謀将校たちの立案した作戦が、素人集団によって打ち破られた典型と言えよう。






ベトナム戦争 (コレクション 戦争×文学)

新品価格
¥3,780から
(2013/10/2 15:17時点)





ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月5日「仏印ピアストル銀貨1890年」

現地を歩いたとき元ヴェトナム軍人だったガイドを頼んだが、
説明の必要がなかったことから、
彼はガイド料の値下げを自分から申出てきた。

エリアンヌ陣地(大戦中は日本軍の司令部が置かれていた)で物売り婆さんに
、偽造品の仏印ピアストル銀貨1890年を売りつけられたのは、このときのことである。
偽造品と知った彼は、「返金させる」と言ってくれたので、
私は「承知の上の記念品」と説明し納得させた。




ベトナムの歴史 (世界の教科書シリーズ)

新品価格
¥6,090から
(2013/10/2 15:06時点)




ベトナム戦争を考える

新品価格
¥2,520から
(2013/10/2 15:07時点)






ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月4日「LA BATAILLE DE BIENPHU 」

 本業の仕事で資料読みに入った。
ジュール・ロワ著のLA BATAILLE DE BIENPHU を読み始めたが、
3度目ということもありスラスラ進んでいる。

2005年に現地をフィールドワークしたとき、よく頭に入っており地図なしですべて見当がついたから、
満足感を覚えた記憶がある。
この作戦は1953年11月20日に、フランス軍の落下傘降下で火蓋を切って落とされた。




ディエンビエンフー陥落 (1965年) (至誠堂新書)

中古価格
¥890から
(2013/10/2 14:52時点)




私の新作です。
宜しくお願いします。

日本の戦闘指揮官30選 日本武尊から大場栄まで (PHP文庫)

新品価格
¥760から
(2013/10/2 14:56時点)





ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月3日 「珍しい紙幣」

このところロンドンで珍しい紙幣のオークションへの出品が相次いでいる。
これは紙幣の価値が根強く、そのため出品者の増加になったと思われる。
新着のオークション・カタログでは、
マラヤ・英領ボルネオの1万ドル紙幣――そのカラー・トライアルと思われるSPECIMENが登場した。
エリザベス2世の肖像を描く、1953年3月21日のタイプで、
ナンバーはA1-00000 である。



著者 平木啓一 

新・世界貨幣大事典

新品価格
¥10,500から
(2013/10/2 14:45時点)





ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月2日 「贈呈用試刷り紙幣」

同じオークションで、ザンジバルの紙幣の贈呈用試刷りが出品されている。
1920年の1ルピー、16年の5ルピー、そして08年の5,10,20,100ルピーのケース入り4種セットである。
後者のセットはあまりに珍しく、推定価格を設定できないのだ。
アフリカ特集のエピローグを飾る名品で、印刷もロンドンのトマス・デ・ラ・ルーだから
、優れた出来栄えになっている。



もう、お歳暮を選ぶ季節ですか……早いですね。
今年はおせちの予約が例年より早く開始されたようですね。







ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ

2013年10月1日 「紙幣オークション」

 イギリスでの紙幣オークションに、すごい珍品が2組も出品されて驚く。
まずは<ゴールド・コースト>銀行という、ピックのWORLD PAPER MONEYカタログに収録されていない、
未知の発券機関の紙幣だ。
1953年の5および10シリング、1、5、そして100ポンドという5種で、
すでにエリザベス2世の肖像を描いている。
5種の合計の推定価格が3万1000ポンドだから、一体幾らで落札されるのか?





Standard Catalog of World Paper Money General Issues - 1368-1960 (Standard Catlog of World Paper Money Vol 2: General Issues)

新品価格
¥6,561から
(2013/9/24 11:45時点)













ブログランキングのクリックをお願いします。
皆様の応援が励みになっています。

人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。