スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コレクションの楽しみ方」

 少し長くなったが「世界史上のライヴァル」を簡単に紹介してみた。
彼らはすべてコインに肖像を描かれており、
宿命のライバルを2人または3人揃ってコレクションに加えることが可能なのである。
こうした歴史的背景を有する貨幣発行が行われ、
その遺産が今日まで残っていること自体が、
私たちに楽しみを与えてくれているのだ。
このようなコレクションのやり方もまた、検討に値するのではないだろうか。


楽しみながら資産を殖やす コイン・コレクションのはじめかた

新品価格
¥1,296から
(2014/4/23 18:56時点)




スポンサーサイト

「フリードリヒ2世 VS マリア・テレジア」

 もっともライヴァルらしい二人を最後に紹介したい。
それは1740年に即位した、プロイセンのフリードリヒ2世と神聖ローマ帝国のマリア・テレジアの二人である。
女子相続に反対という大義名分を得た前者は、即位間もなく先端を開き、
シュレジエン(シレジア)を占領してしまう。
周辺諸国は思惑から両陣営に分かれて戦い、
ヨーロッパを巻き込んだ戦争にと拡大していたのだった。
対立は1780年に後者が、86年に前者が崩御するまで続いた。

五枚の金貨―アメリカン・ヒーローたちの裏面史

中古価格
¥842から
(2014/4/23 18:52時点)


「第一次世界大戦」

 ヴィクトリア女王を巡る婚姻関係のイギリスとロシア、そしてドイツが戦ったのが、
あの第一次世界大戦であった。
すなわちジョージ5世とニコライ2世、そしてヴィルヘルム2世が今回の主人公だ。
戦争はヨーロッパどころか日本やアメリカまで巻き込み、最後にはジョージ5世以外の二人が国を失う。
革命派に捕らえられたニコライ2世は、最後の望みであった従兄のイギリス王に見放され、
一家揃って処刑されてしまった。

ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)

新品価格
¥929から
(2014/4/23 18:46時点)


「ナポレオン3世 VS ヴィルヘルム1世」

 ナポレオン3世とプロイセンのヴィルヘルム1世は、空位となったスペイン王位を巡って、
双方の思惑が真っ向から激突した。後者の譲歩によって収拾し問題は回避されたものの、
前者はエムスで静養中のプロイセン王に、蛇足に等しい「保証」を求めた。
それを問題としたフォン=ビスマルクが、内容を改竄したのが、エムス電報事件だった。
1870年から71年の普仏戦争は一方的にプロイセンの勝利となった。

3世ナポレオン
ナポレオン3世 100フラン金貨



 平木啓一お勧めコイン_mini



「ナポレオン1世 VS フランツ2世 」

 ナポレオン1世は皇帝に即位後、神聖ローマ帝国のフランツ2世とロシアのアレクサンドル1世という、
二人の宿敵と戦いを繰り返した。
1805年のアウステルリッツ会戦は、これらの3人が一同に会した戦いで、そのため〈3帝会戦〉と呼ばれてきた。
この会戦はナポレオンの軍事的天才振りを際立たせた結果となり、
フランツ2世は結局のところ翌年、神聖ローマ帝国の解体にと追い込まれてしまう。
ライヴァルと呼ぶには余りに力量が違いすぎた。

ナポレオン・ボナパルト
ナポレオン・ボナパルト


平木啓一お勧めコイン_mini
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。